アフグル番外編 ジェンベ日記  

パッティパ練習法(ベースの修正)

Emiccさんの質問、回答書いてたら長くなってきたのと、これは他の人にも役立つ情報かな?ということで、改めて本文にアップすることにしました。

「音の強弱は意識すればある程度直せるんですが、タイミングは、揺れてるのが自分でわかっても、直そうとすると今度は逆側に揺れてしまって、どんどんできなくなっていく。
ちゃんとしたタイミングがわかってないというより、わかっているのに思っている通りに叩けないという、問題です。どんな練習をしていけば直せますか?」

ということで、ご質問ありがとうございます!

思ったとおりに叩けないというのは、その原因を探っていくと、体の問題(背中、肩、腕などの無駄な力み、緊張など)とか、感覚の問題(感覚のずれ)とか、いろいろあって、これはその人その人によって違うと思うんですよ。
また、タイミングのずれという話も、数分の一秒という話から、数十分の一秒、数百分の一秒あたりまで、いろいろあって、悩みのレベルはそれぞれ違う。

‥‥とかなんとか、細かく言ってるとキリがないので、ここではいろんなレベルや原因に使える練習法を書いてみたいと思います。


●パッティパ練習法(ベースの修正)

①S・TS・BS・TS・Bを自然に叩いてみる。

②今度はベース(B)をスラップ(S)に変えて同じように叩く。つまりS・TS・SS・TS・Sと叩く。

③BのときとSのときで、タイミングの取り方に違和感があったり、リズム(音の違いを考えない、X・XX・XX・Xというパターン)が違って聞こえるかどうかチェックする。
自分で演奏しながら確認するのはもちろんですが、ちゃんとしたいなら、必ず録音しておいて、それを聴いてチェックすること。他人にきびしく聴いてもらうのもよい。

まあ、同じX・XX・XX・Xでも、S・TS・BS・TS・BとS・TS・SS・TS・Sでは印象はだいぶ違うんだけど、印象じゃなくて、あくまで叩くタイミングね。これが違って聴こえる場合は、ベースのタイミングとスラップのタイミングが違ってるということなので。
なかには、ベースがずれてるために、その次に叩くS・TSもずれちゃって、それをまたなんとかしようとして、全体として流れがガタガタしてる場合もあるでしょう。これを修正する。次いきます。

④スラップバージョンと同じ感覚、同じタイミングでベースバージョンが叩けるように練習する。

ただここで、ただ揺れてるのを反対側に直す、たとえば、タイミングが遅れているからもっと早めに叩いてみる、というやり方では、確かにぶれちゃって上手くいかないかもしれません。
叩くタイミングを前後に調整するというよりも、理想のタイミングを意識して、そのピンポイントの瞬間に打面を打つ!打つべし!と意識し続けたほうがいいかな~?ピンポイントですよ!
そうすると、だんだんそこに近づいていきます。反対側に修正する、という意識の仕方もあるけど、このほうが安全です。

⑤スラップバージョンとベースバージョンを頻繁に切り替えながら、同じタイミングでリラックスして叩けるように練習する

これをやると、手に余裕ができるというか、より自由な感覚で叩けるようになります。はじめはぎこちなかった切り替えが、だんだんスムーズにできるようになる。

①から⑤は、メトロノームにあわせて叩くのもひじょうにいいです‥‥ただし、メトロノームはジェンベにくらべて音量がとても小さいので、これはこれで工夫が必要になるけどね。これは、メトロノーム練習法として、また別に書きますので‥‥。

これで直るきざしがなかったら、あとは個別指導ですね(笑)。
長くなってすいませんでした。よろしくです。
[PR]
by afgroove | 2010-08-23 13:40 | ドラミング
<< 唐突ですが‥‥ パッティパの極意? >>



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30