アフグル番外編 ジェンベ日記  

ドゥニドゥニチョットズツ

このあいだのドラムクラスでは、久しぶりに指を全部使ってジェンベを叩いてみました。傷がふさがって間もない中指はまだ叩くと痛いですが、それでも、なんとか少しずつ音が出せるようにはなってきました。この1ヶ月くらいは、ジェンベは薬指と小指だけで叩いてたようなもんなので、うれしいですね。指は痛いのに、ずっと音を出していたくなります。やっぱり、自分はジェンベが好きなんだなあと、つくづく思います。
指が使えない間も、どうも今までの自分の音や叩きかたが気になって、これから目指したい音色や、音の出しかたについてずっと考えていました。それで今、ドラムクラスでのウォーミングアップを少しずつ変えていってます。もともとは、自分の出したい音を出すために考えたトレーニングなんですが、とても基本的なことなので、他の人がやっても有効だと思う。これからも練習方法のアイデアが浮かんだら、クラスに取り入れていくつもりです。それを続けることで、私や参加者のドラミングが変わっていけばおもしろいじゃないですか。実は、さっきも風呂の中で、ひとつ練習法が閃いたんですが・・・形になったらまたクラスで公開します。
[PR]
by afgroove | 2006-11-28 04:02 | よもやま話
<< ネットサーフィンで悪酔い お試しでライフログ使ってみました >>



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31