アフグル番外編 ジェンベ日記  

銭湯ライヴ!

いや、なかなか面白かったですよ。Iさん設計の銭湯の建物がまず面白い。2階が風呂場なんですが、湯船が空の状態で、男湯と女湯の湯船に、それぞれDJブースとパーカッションセットを組んだ。絵は伝統的なペンキ絵師の中嶋さん&助手のかたと、現代美術の二人のチームgravity freeが描いたんですが、それぞれ持ち味を出した富士の絵となりました。中島さんの描くのが速いこと!速描きがそのままパフォーマンスになりそうな感じでしたね。
私達は湯船のパーカッションセット、洗い場の客席、絵を描いてる足場を移動しながら演奏したわけですが、中島さんもgravityさんも気に入ってもらって、ノリノリで制作してもらいました。
私達の他にも、ペンキ絵の解説や実況中継、DJが入ってて、楽しい流れでした。
観に来てくれたみなさん、ありがとうございました!
[PR]
by afgroove | 2007-04-16 23:17
<< 銭湯の絵(ペンキ絵) マイ方向性2 >>



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31