アフグル番外編 ジェンベ日記  

久しぶりのアブドゥライ

もう先週になってしまったが、23日(水)、アブドゥライ・ジャハテ氏のワークショップに行って来ました。うちのクラスに最近来てくれるようになった人は、たぶんご存知ないと思うけど、元セネガル国立舞踊団のジェンベソリストで、アフリカングルーヴでも2000年に一度招聘したことがある、優れたジェンベフォラです。見かけは、ちょっとかわいい感じの小柄なおじさん(今は、やや、おじいちゃんに?)なんだけどね。
会うのは数年ぶり。昔より歳はとっていたけど、元気そうだったので安心しました。自分やマリのことを覚えてて、会いたいとずっと言ってくれてたそうで、それはうれしいことです。
そんなわけで、彼のドラムクラスも久しぶりに受講したのです。教えかたとか、昔のままでした。90分くらいの間に5つくらいリズムをやっちゃうペースの速さも、相変わらずでしたが(^^;。
前にも書いたことなんですが、彼はとても優れた演奏家なのだけど、リズムやテクニックを説明したり人に伝えるのは、決して得意じゃない人なのです。なので、演奏やリズムの混みいったところなどは、「もう勝手に盗ませていただきます!」ぐらいの気合で、自主的に読み取っていくのがよい…と、私は勝手に思っております。
幸い、主催のWalkTalkカンパニーのご好意で、彼の隣に座らせてもらったので、手の動きなど間近に観察することができ、おかげで、数年前にはわからなかったことが今回やっと読み取れたり、「アブドゥライの叩きかたって、こうじゃないかしらん?」と、ず~っと考えてた細かい点がついに確認できたりで、個人的にはとても勉強になりました。あと、文化や伝承の説明を熱心かつ丁寧にしてくれるので、それはとてもありがたかったですね。
WalkTalk主催の柳田さんや、ドラマーのまさし氏とも、久しぶりにお会いできて、有意義な一夜でした。
[PR]
by afgroove | 2007-05-28 01:15
<< 最終回 生命の息吹? >>



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31