アフグル番外編 ジェンベ日記  

2006年 11月 23日 ( 1 )

指の傷のケア

今回、私が痛めたのは右手中指先です。はじめ、9月初め頃に、一度きつい叩きかたをして指先に内出血が生じました。その後、テーピング等で指先をかばいながら、叩いていたのですがなかなか治らず、叩いたときの痛みもとれません。そうこうしてるうちに、10月下旬に指先の腹のところが割れ、そこがえぐれたような傷になって広がりました。いつもだったら、指が割れてもすぐ元に戻るのですが、内出血のために血行が悪くなっていたのでしょう。傷の痛みと内出血の痛みで、ジェンベが叩けない状態になってしまいました。

なんだか恥をさらすようですが、ハンド・ドラマーにとっては指のケアは大事なことですので、同じような傷を負った場合の参考になるように、今回、私が使った傷のケアの方法を情報として書いておきます。
1.バンドエイド キズパワーパッド
今回、主にお世話になったのがこれです。大きな薬局なら売ってます。特殊な絆創膏で、貼りつくと一種の人工皮膚みたいになって傷口を保護してくれます。傷口から染み出す体液(傷を治す作用がある)を絆創膏が吸収して、その部分だけゲル状になって傷口に保持、治りを早めます(と書いてある)。一度つけたら、最大5日はそのままにしていいそうです。確かに痛みはだいぶ緩和されて、たすかりました。ただ、体液による回復が目的なので、薬やカリテイなどをつけて貼ることができないこと、粘着力がけっこう強いのではがすときに少々痛いのが難点です。自分の場合は、はじめは傷口がぐちゃぐちゃだったので、無理にはがすと皮まで持っていかれそうで、毎回、お湯につけたりお湯を流し放しにしたりしながら、ちょっとずつ、そ~~~~っとはがしてました。
2.カリテイ&お湯
傷口ごと手を熱い湯に浸す(湯に塩を入れる方法もあり)。ついで手を湯から出し傷口にカリテイを塗る(ヒーターで手を暖めてカリテイを浸みとおらせる方法もあり)。これを交互に繰り返す。ひじょーに痛いが効くそうですし、実際効いたと思います。私は、もともと、叩き過ぎたときの手のケアとして、この方法をやっていましたが、今回は、上記のキズパワーパッドの交換時にこれをやりました。カリテイがひじょーに傷に浸みましたが、塩湯に浸して洗うのは、気持ちよかったです。
カリテイ(英語ではシェアバター)は、アフリカ人非アフリカ人を問わず、いまやジェンベ・ドラマーに広く愛用されています。ただ、自分の使ってる感じでは、カリテイは、傷よりむしろ、叩いた後の手の乾き(=保湿)や腫れによく効くような気がします。昔の話ですが、割れた傷にカリテイをつけたとき、ヘンな痛みがとれなくて、結局湯で洗ってオキシドールで消毒して良くなったことがありました。あくまで憶測ですが、ひょっとするとカリテイ中の雑菌が入ったのかもしれません。なので今回は、カリテイを火で溶かして暖め消毒してから使いました。
3.オキシドール
傷が汚れているときはまず水や湯で洗って、殺菌・消毒すべきと思います。ただ、ネットで調べた限りでは、治癒を促す菌?まで殺してしまうということで、やたらな殺菌は推奨されないようです。私も、はじめは、絆創膏やキズパワーパッドを変えるごとにオキシドールで傷口を洗ってましたが、どうも治りが遅いというか、洗うことで治癒が逆行するような気すらしたので、上記のカリテイ&湯洗い(塩入り)法に切り替えました。
4.馬油
試す前に傷口がふさがったので結局やりませんでしたが、馬油は傷に効くそうです。友人のドラマーに直接教えてもらったし、ネットの検索でも、同様の話がみつかりました。そういえば、昔々、まだ日本にカリテイなんてものが入ってなかった頃ですが、ジェンベを叩いた後は馬油を手に塗るように教えてもらいました。実際、腫れには効いたと思います。なぜ馬が効くのか、牛油や鯨油はダメなのか??そのへんのことはわかりませんが・・・今回は使いませんでしたが、私はお金ができたら買っておくつもりです。

あとですね、やはりお医者さんには行ったほうがいいと思います!私は結局行かなくて武田マリに怒られました(笑)が、行かなかったんじゃなくて、行くつもりで空けといた日に風邪で寝込んで行けなかったのよ。しかし、ジェンベ・ドラマーって、どう考えても無菌とは思えないものを叩いたり、それでケガをしたりするわけですから、治りが遅いときや気になるときは、お医者さんに行って、深刻な症状でないかどうか診てもらうのは、大事なことだと思います。叩いてのケガじゃないですが、太鼓の皮張りで、皮に炭疽菌がついてて、それにやられるということもあるらしい(嘘じゃないのよ、これが。最近ニューヨークで起きました)。自分もまだ完全には治ってるわけではないので、状況次第では、皮膚科の病院に行くつもりです。

指先のケガで嫌なのは、不注意にどこかにぶつけるととても痛いので、無意識に行動が鈍くなってしまうことです。駐車場で料金払って、車を出そうとして、キーを探してバッグにあわてて手を突っ込んで、何かに当たって「死ぬほどイターイ!」なんてこともありました。あるいは、今もこうやってキーボード打ってますが、「打つぞ~!」と意識してから打たないと、いつもの癖で不注意にバチバチ打つとやっぱり指先が痛かったりします。まあ、これは傷よりも、内出血してた深部が痛いようなんですが。

かくも不便な指先のケガ、みなさんも気をつけてください!
[PR]
by afgroove | 2006-11-23 00:19 | よもやま話



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30