アフグル番外編 ジェンベ日記  

2007年 03月 16日 ( 2 )

セミプライベート

一昨日の話。午後にレギュラーの仕事で、重度障害の子ども達に演奏した後、夜からSくんとTさんにセミプライベートクラス。毎回スヌをやってるが、この日で五回目、いつのましかもう半年近く、同じリズムを続けてることになる。が、さすがというか、二人とも、スヌ独特の難しいフィーリングができるようになってきた。思わず、教えるほうも熱が入る。テンポによってリズムのフィーリングが刻一刻と変わっていくのだが、特に、ゆっくりな辺りはなかなかのもの。マジメな話、スヌをこんなふうに叩ける日本人は、たぶんまだほとんどいないだろう。それをやれるようになってきたんだから、まさに継続は力なり!
[PR]
by afgroove | 2007-03-16 23:53

話のつなぎに・・・

改めで見てみると、前回すごいタイトルだったんですが、話がそっちに行く前に終わってますね。全然、そこまで行ってない(笑)。すいません。でも、まじめな話だから、途中ですっとばすわけにもいかないもんね。
ところで、前回の投稿を読んで、「土曜チームとヒロTの間に何かあったか?」と誤解された方もいるかもしれませんが、そういうことではありませんので、念のため(笑)。言いたかったのは「今、私が感じている課題は、技術的な練習で解決できるものとは違う」と言うことなのね(技術的な課題も。また別にあるんだけど)。
じゃあ、どうやったら解決できるんだ?というと、これが微妙でねえ。結局はチームのみんなと話をするのがいいんだけど、アタマだけ、言葉づらだけでわかったってしょうがないところもあるし。そういう伝わりかたは、かえってマイナスになる気がする。地道ですが、いい時機を待って選んで、話をしていくしかないんだろうな・・・ぼかして書いてるからね、わかりにくくてすいません。次の投稿から、本編?に入りますので。
[PR]
by afgroove | 2007-03-16 18:59



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28