アフグル番外編 ジェンベ日記  

2011年 08月 06日 ( 1 )

テーピング

ここ1年近くの話ですが、自分はジェンベ叩くときに、必ず指先にテーピングしてます。両手の中指と人差し指に必ず。最近は薬指にもするようになった。
ときどき、大丈夫ですか?、と心配してくださる方がいて、ありがたいです。ケガじゃないのでご安心ください。

整体で人のカラダを触るときに、指先の皮が厚いと、筋肉や骨の様子をうまく感じとれない。でも、ジェンベを叩いてると指先の皮はどんどん厚くなってきます。それは、演奏的にはいいことなんだけど、整体的にはまずいわけ。

カイロプラクティックのある先生は「指腹(指紋のところですね)をやすりで削って皮を薄くすると良いですよ」なんておっしゃってました。その人は、手の感覚を敏感に保つために、素手を床につける腕立て伏せも絶対やらないそうです。いい先生だったんだけど、「太鼓を素手でぶっ叩いてます」なんては、おそれ多くて最後まで言えなかったっす。
まあ、さすがにそこまでこだわる人は少ないけど、やっぱりプロの指先は敏感だし、指で筋肉筋膜のわずかなアンバランス、骨格の歪みなんかを感じとれないといけない。というか、自分も感じとれるようになりたい!

そういう意味では、ジェンベ叩くのはやばいんです。ジェンベを強く叩いた後は、よく指先がしびれてたりなんかしますが、末端神経を痛めたり、血行を悪くするのは明らかにまずい。それの行き着く先が、叩きすぎて、指の血行が止まって真っ白になってしまうレイノー症候というやつだが、これはもう、指先のケアの対極です。
そんなわけで、今では毎回、クラスの前に、せっせと指にテープを巻いてるわけだが、手間はかかるし、ちょっとベタベタするし、結構な量を使う=お金のかかる&ゴミは出るしで、たいへんです。

おまけに、両手指にテープをがんがん巻いてるわけだから、初めて見る人には、ものすごい気合が入ってるように見られるというか、なんかすごい体育会系の演奏をするんじゃないかと思われるらしい(笑)。全然そんなことないんだけど。

その昔、オーストラリア留学中に「サーフィンとジェンベの両立が難しいんです~」という真剣なお悩み?のメールを送ってくれた生徒さんがいたけど、ジェンベと整体の両立っつ~のも、先々のことを考えると悩みますね~。
そんな今日この頃であります。
[PR]
by afgroove | 2011-08-06 01:50



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30