アフグル番外編 ジェンベ日記  

2014年 03月 20日 ( 1 )

練習会にて

今日は三月の練習会最終日。参加者はお二人だけでしたが、新しいソロフレーズの練習、終わりを任せていたら、いつまでたっても続けて終わる気配がありません。お二人で延々とやっておりました。根性入ってました!
そういう練習は地味で辛いですが、本当は、そのほうがいいのです。
参加者の人が言ってたのは、今日やったことはどうせ明日になれば忘れてます、とのことでした。
確かに、どんなに叩いても、1日経てば多くを忘れてしまうかもしれませんが、意識からは消えても無意識の中には残っています。
そういうことを繰り返していると、いつのまにか、考えなくても、ふっとフレーズが出てくるようになります。
それが体に入るということだと思います。
意識で覚えることや理解することだけを基準に考えていると、ドラム演奏、特にアドリブを交えた演奏はできるようになりません。
言葉を覚えてしゃべるようになるのと、とても似ているところがあるように感じます。
[PR]
by afgroove | 2014-03-20 00:07 | ドラミング



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30