アフグル番外編 ジェンベ日記  

カテゴリ:体のこと( 1 )

クラニオセイクラル(その1)

ここ数日、涼しい日が続いてくれて、過ごしやすく、夜も眠れるようになりました。暑さバテ気味だったのでありがたいです。でも、眠れるようになったせいか、今度は寝坊が続いてます。気をつけないと危ない危ない。

さて、武田マリのブログでも紹介してもらったクラニオセイクラル。ただいま鋭意修行中、昨日も勉強に行ってまいりました。授業が進むにつれ内容は一段と難しくなり、正直、自分にできるんかいの?という感じもありますが、一部だけでもできればおおいに役立つと思うので、泣きながらがんばってます。

クラニオセイクラルとは何か?と聞かれるんですが、クラニオは頭蓋骨、セイクラルは仙骨のことで、日本語だと「頭蓋骨仙骨療法」となりますが、そのままクラニオセイクラルと呼ばれることが多いです。
19世紀末に、オステオパス(オステオパシーの医師)であったウィリアム・サザーランドによって開発されたもので、硬膜下を流れる脳脊髄液の循環を促し、治癒力が働く手助けをしよう、という療法です。

こう書くと、脳脊髄液?それって何?ときっと聞かれると思うんですが‥‥脳と脊髄の外側を覆っている硬膜、その中を満たし流れている液のことです。脳&脊髄は、いわば、この脳脊髄液の中に浮かんでいる状態なんです。いかにも狭いですが‥‥

脳と頭蓋骨、脳脊髄液との関係は、よく、水をはった鍋の中に大きな豆腐が浮かんでいる状態にたとえられます。鍋が頭蓋骨(及び硬膜)、豆腐が脳、水が脳脊髄液というわけです。
これ、もし水が無くて、鍋の中に直接豆腐が入ってたら、鍋をぶつけたりしたときに、衝撃が直接豆腐に伝わって、欠けたりつぶれたりしやすい。でも、水に浮かんだ状態なら、少々の衝撃では水が吸収してくれて、豆腐はびくともしません。
脳脊髄液もこれと同じで、外からの衝撃から脳や脊髄を守ってくれています。他にも、神経系に栄養を送るという役割もあります。

脳脊髄液は、脳内で産出され、硬膜の中を通って脊髄の下まで行き、また脳のほうに戻ってくる、という、潮の満干というか、呼吸のような動きを繰り返しつつ、静脈やリンパを通って少しずつ吸収されていきます。
オステオパシーでは、この脳脊髄液の循環を整えることで、治癒力の発動を促し、その人の自己治癒力を高め、症状を根底から改善する手助けができる、と考えています。これがクラニオセイクラルです。

‥‥話が長くなってきたので、脳脊髄液の循環を整えるのが、なんで頭蓋骨仙骨なの?という話は、次に続きます。
[PR]
by afgroove | 2011-08-22 15:54 | 体のこと



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31