アフグル番外編 ジェンベ日記  

<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

巨大ジェンベ

タマ・ジェンベ・ファクトリーのさなぎさんがブログで大口径ジェンベのことを書いていて、思わずにやにやしながら読んでしまいました。自分も口径の大きなジェンベの音が好きなのですし、そういう大口径に合った叩き方やテクニックを追及したいな~と思ってやってきているので。でも40はさすがにでかいよでかすぎ(笑)。
個人的な意見を言わせてもらえば、標準的な手の大きさとテクでもって、打面の径が40センチクラスのジェンベを叩きこなすのは、なかなかに至難の業・・・っていうか、ま、無理な気がする。35センチ辺りでも、ちょっともう、簡単ではない。一般向けとしてはあまり積極的におススメしちゃいけないんじゃないかな。買いたい人が無理矢理買っていくのは止めないけど。
だいたい、実際に比べてみればわかるけど、多くのアフリカ人ドラマーの手は日本人ドラマーの手よりでかくて、しっかりしてる。その手のでかい彼らにして、口径30㎝前後のやつで十分だったわけよ、もともと。それよりずっと華奢な手と体格をして40㎝・・・何かが過剰というかtoo muchだね。まあ、そういう過剰さも結構好きなんですけど(笑)。
あと、でかいジェンベって、自分が強気だったり車で運べる場合はいいんだけど、気力体力衰えてて電車移動しなきゃいけないときなんて、泣けてくるでしょう。先日、Y太くんがダンスクラスに持ってきた巨大ジェンベも、音とか面白くってしょうがないんだけど、運搬を考えると(運んでいる彼の姿を見ると)、やっぱり二の足踏んじゃいますもんね。ホント、かさばり具合といったら、ウッドベースといい勝負だもん(笑)。
そういう意味じゃ、叩く前段階からして相当な気合が必要だね。いや、皮張りも相当にたいへんだから、とにかくあらゆる段階において、気合が必要なのだ。気合だ気合だ気合だ!・・・なんか、その気もないのに、すげえマッチョだ(笑)。
でも、でかい太鼓にあこがれる方向性ってのは、ジェンベに限ったことじゃなくて。以前に会った、ケニアの太鼓の演奏家のT氏らの話によると、やはり口径のばかでかい緩い太鼓をとてつもないスピードとパワーでぶっ叩く、それがドラマーじゃい!!みたいな伝説的な名人がケニアにいるそうなので。叩きかたが豪快で、もうすごいらしい。一度、生で見てみたいもんです。
ただ、そういう超人的な奏法の話になってくると、たぶん体力まかせとか根性まかせでは絶対無理で(無理をすると身体を壊して結局続けられない)、身体の使い方がちょっと普通と違ってきてるんだと思う。小柄な老人が重い槍を軽々と操ったり、等という武術のエピソードにも通じるものがあって、興味深いです。なにかこう、血が騒ぐものがありますね。
[PR]
by afgroove | 2007-01-31 17:55

ドラムクラス反省

昨日のドラムクラスは初級でソゴロン、経験者クラスでジョレ(アシコ)をやったのだが、あまりいい内容ではなかった。自分が何を教えるべきか、何を伝えるべきかということについて、ずっと思い悩んでいて、それが中身の弱さというか迷いというか、混乱になって現れてた感がある。来てくれた人にはやや申し訳ないことをした。
自分が個人的に興味持ってマイブームで追求したいリズムと、他人になにがしかのことを伝えられるリズムって、同じとは限らないんだよね。わかっているつもりだけど、つい混同してしまう(混同しなきゃ、気力的に続かないって面もあるんだが)…しかし、自分の中のどこかで、やっぱり分けとかないといけないんだろうな。
[PR]
by afgroove | 2007-01-29 23:04

ライヴ報告

今回は13:00と15:30の2ステージ。決して手を抜いたわけではありませんが、15:30の回のほうが出来がよかった、と思う。当日リハが時間的に無理だったので、どうしても1ステージやってエンジンがかかる、という感じになってしまった。お客さんの飛入りが続いて盛り上がったのも、2ステージ目だったし。13:00から見てくださったお客さんには少々申し訳ないが、まあ、落ち着いてじっくり見れたのは1stステージだったかもしれぬ。
曲目は両方とも同じで、マリリズム日記でも紹介してたから、それはそちらを見ていただければよいと思う。個人的にやってて面白かったのは…なんだろう?それぞれに面白かったけど…二人のンタマ・コーナーは、半分遊びだったのが、他のメンバーにあまりにウケるもので、とうとう正式な演目になってしまった。ウケれば悪い気はしないけど、大ちゃんのアドリブの動きについていくのはたいへんだった(笑)。それに、あれだけ動くとどうしても空打ちが多くなるので、ンタマを叩くなら、ちゃんと止まった状態で叩きたかったかな。でも、次につなげられた経験でした。(続く)
[PR]
by afgroove | 2007-01-26 18:23

ライヴ終了!満員御礼!!

なんだかブログ投稿もできないうちに、あっというまに、21日のカフェスローライヴも終わってしまいました。観に来てくれたみなさん、スタッフとして手伝ってくれたみなさん、ありがとう!!ただただ感謝感謝であります。楽しんでいただけたなら、うれしいですが。個人的には2ステージともにいろいろ反省もありましたが、限られた時間の中で、やれることはやったというところでしょうか・・・。
今日は江東区ダンスサークルだったのですが、行ってみて気がついたのですが、どーも、軽い燃えつき状態のような気がします。サンジャを叩いたけど、気分的に全然ダメで、全部灰色に聞こえる(笑)。ライヴ以外にも受験指導とか、いろいろあったし(まだあるし)ね~。もうちょっとだけ要充電ということで、調整しつつ過ごします。
[PR]
by afgroove | 2007-01-24 02:51

今日は低空飛行

なぜなら昨晩"フライトプラン"を見たから…ではなく、体調があまり良くないようなので、仕事もあるのですが、今日は低空飛行でのんびり行こうと思います。いろんなかたに指のことを心配していただいて、そっちは調子いいのですが、他でちょっと…。前にも同じことがあって、まあ原因はだいたいわかってる(つもり)ので、それもあって、しばらくは自分自身を労ってやりたいなあ、なんて(笑)。ライヴは直前だし、バイトの塾での受験指導もあって、なかなかそういうわけにもいかないのですが。そう、受験指導!…これが痛いんだよな。ここだけの話(っつ~ても、すでにネット上ですがね)、本来なら、私ごとき半端な講師がやるものではないと思うんですよ。思うんですが、これも成り行きで。しかし、成り行きとはいえ責任も感じるし、こっちも勉強せんならんし、辛いっすね。センター試験当日はライヴやってるしね(笑)。
そんな話はさておき、昨日のドラムクラスは1月お休みが多いためか、人数も少なめでした。初級はソゴロン、経験者はジョレ。ソゴロンはノリは簡単ではないけどおもしろいリズムだし、拍がとりやすいので、敢えて初級で。ジョレはシンプルだけど、飾り気の無い4/4のリズムを、きちんと、一皮むけたレベルで演奏してほしかったので、敢えて経験者クラスでやりました。
昨日は、初級のほうがいい感じでできて、経験者のほうはなんとなくイマイチな出来に感じました。もう少し進めたかったという焦りがあったのかなあ?伴奏の練習だけで時間いっぱい、キメをやる時間もなかったのは、想定外でした。なので、ちょっと焦ったのかもしれない。伴奏のキープだけと割り切って、もっとじっくり取り組めばよかった。しかし、ジョレだって、ちゃんとやろうと思ったらたいへんなのよ練習が要るのよ!ってことは伝わってくれたかな?
かくいう自分も、ジョレに腰をすえて取り組んだことは、恥ずかしながら、今までなかったのです。クラスの中で新たな気づきを繰り返しつつ、自分も練習!です。
[PR]
by afgroove | 2007-01-15 14:55

ネーミングあれこれ

昨日は、日曜に続きペロス&アフグルのリハーサル。銀行や市町村合併で名前が変わると、なんで全部ひらがなだったり、妙にさわやかだったりの名前になるのか?という話で盛り上がる。今度、ペロス&アフグルで、また南国高知に行くことがあったら、「しおかぜグループ」に改名しよう話に一同爆笑。しおかぜグループ…実に不自然にさわやかであります。
それにしても、名前をつけるのは難しい。昔は「名づけ親」ってのがあって、子供が生まれると、村の長老とか尊敬されてる人が名前をつけたわけでしょう(今思いだしたけど、ゲド戦記のはじめのほうにも、そんな場面がありましたね)。言葉が呪力を持ってた時代ほど、ゴッド・ファーザーは大切な仕事だったんだろう。もっとも、西アフリカでは名前のバリエーションがあまりなくて、お祖父ちゃんとか、ひい祖父ちゃんの名前を持ってきてつけるとも聞いたことがあるけど。
私も昔、自分達のグループの名前を決めるときに、さんざん悩んだあげく、「アフリカ+お神楽」でアフリカグランとしたけど、どうも気にいらなくて最近は使ってなくて、自然消滅(笑)。ダメだねえ。アタマだけで考えてもダメだ。
アフリカングルーヴという名は、はじめ自分達が主催するイベントの名称だったんだけど、いろんな経緯があって、結局オフィス名というか屋号になっちゃいました。まあ、成り行きに流されてそうしたようなもんですが、アフグルと略して呼ばれるようになったあたりから、やっと馴染んできた感があるかなあ…。
長く使えば使うほど、その人やグループ自身に馴染んでハマってくる、そんな名前がいいんだろうけど、そこまで見通してつけられるもんじゃないし、世の親が、字画とか画数、はては占い師にまで頼るのもなんとなくわかります。
[PR]
by afgroove | 2007-01-09 11:40

リハ初め

今日は初叩き…というのはウソで、初叩きは昨日のダンスクラスですませました。寒い雨の日にもかかわらず、たくさんの皆さんが来てくれて、ありがとうございました!これがまた、盛り上がりましたね~。コロジュガ&ジョレの組合せは演奏するほうもおもしろかったです。ジョレは初心者の人がやるリズム=簡単というイメージもありますが、チープじゃない本格ジョレをやりたかったんですね。ジョレやりだすと、ダンス側もドラム側もえらく盛り上がります。それはいいことなんだが、あまりの勢いに流されて、どうしても演奏が雑になっちゃうので、最後までタイトに丁寧に演奏したいものです。
で、今日は初叩きではなく、初リハということで、21日ライヴのリハをやってきました。練習期間も限られてきびしいですが、そこはさすがにペロス&我々(笑)!時間の短さも省みず、いきなり新作に挑戦です。今日はその新作だけに、ず~っと時間いっぱい取り組みました。小品ではなくいきなりの大作!しかも、いきなりの面白さ!!展開に意外性があるんですよ。ステージ楽しみにしていてください。
[PR]
by afgroove | 2007-01-07 22:21

新年一回目

年末年始はやはり食べ過ぎ飲み過ぎが続いて、胃が重い日々です。テレビの観すぎでアタマが痛かったりもして、なんか正月はどうしてもこうなってしまいます。「ま、いいか、正月だし」と思っていたのですが、いや、しばし待て…
年末に、「今年は何があったのかな?」と思って、手帳を見てたんです。そしたら、クラスとかライヴとか出張ワークショップとか、イベントとしていろいろなことをやりはしたんだけど、自分自身がやりたことや、浮かんでいたアイデアを、活動の中で十分に形にできなかった、と反省しました。まだ時間があるし後でゆっくりやろう…と思ってるうちに、あっというまに1年終わっちゃった、という悔いがあります。
昔は気にとめなかったんだけど、歳をとるにつれて、1年過ぎるのがだんだん速く感じられるようになってきた。つまりは歳をとるのが(主観的にですが)速くなってきたということで、この分だと50歳にしても60歳にしてもあっという間です。っつ~ことは、自分があと何年くらい太鼓叩けるか、ライヴ何回できるか、クラス何回やれるか、その限界がもう視野に入ってきてるってことです。油断してると、あっというまにそのときが来そうな気がする…ようになってきた。
もちろん、いつまでもず~っと元気で叩いていたいけど、そういうわけにもいかないもんね。
それでいうと、自分が子供の頃から活躍してた人たち、先人達が、ここ数年、どんどん世を去ってるんですね。大みそかはブルーズ・ブラザースの1作目を観ながら年越ししたんだけど、あそこに出てるミュージシャン、だいぶなくなってるもんね。ジェームズ・ブラウンはつい先日でしょ、あとレイ・チャールズ、キャブ・キャロウェイ(ま、この人は出演時にすでに高齢だったけど)、ジョン・リー・フッカー…主人公のジョン・ベルーシもとうになくなってるし。あと、二作目の"2000"に出てたウィルソン・ピケットも昨年か一昨年に。
ジェンベの世界でも、私が知ってた名人達が、この何年かで何人か亡くなったそうです。
そうやって自分が知ってた人がだんだんいなくなってくのを見てると、嫌でも考えちゃいますよ!だって…みんな、ベルトコンベアに順に乗ってるようなもんですからね(笑)。
だから、年が明けて寝るときに、今できることは今やろう、今年できることは今年やろう。言いたいことも先に言ってしまおう、と思いました。Don't put off till tomorrow what you can do today.であります。そんなわけで、今年の抱負はこれで決まり!と思ったんですが…いや、再びしばし待て…(笑)
やろうと思ったらさっと腰をあげて、形になるまで粘り強く物事に取り組む、そのためには、気力体力が必要です。だから、健康になろうというか、体を鍛えよう!これが今年の抱負です。
いや~なんか最近、気力体力衰えてきてる気がして。いや、もともと弱かったのを、今頃自覚しだしたのかもしれんが(笑)。
ちゃんと整えるというか、鍛えるというか、対策をとっとかないと、そのうちヨロヨロになっちまうかもしれませぬ。
そんな私ですが、今年もよろしくお願いいたしまする。
[PR]
by afgroove | 2007-01-02 01:24



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31