アフグル番外編 ジェンベ日記  

<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最終回

本日、いちのすけでのジェンベ初級クラス最終回、無事終了しました。参加者3名サポート1人。リズムはバランタ。いいクラスだった…と思います…たぶん(笑)。
経験者クラスは常連メンバー4名で、リズムはジャン。なんと6回目!濃かった~…しかし、この「濃い」経験者クラスも、実は今回で終了なのです。クラスの今後については、常連さん達とも話をしましたが、なるべく皆さんの納得いく形に収めていきたいと思っています。
来月も日程が変則で、いちのすけでのクラスは、17日1クラスのみになります。詳細はまた告知しますので、ちょっと待っててくださいませ。
[PR]
by afgroove | 2007-05-28 01:30

久しぶりのアブドゥライ

もう先週になってしまったが、23日(水)、アブドゥライ・ジャハテ氏のワークショップに行って来ました。うちのクラスに最近来てくれるようになった人は、たぶんご存知ないと思うけど、元セネガル国立舞踊団のジェンベソリストで、アフリカングルーヴでも2000年に一度招聘したことがある、優れたジェンベフォラです。見かけは、ちょっとかわいい感じの小柄なおじさん(今は、やや、おじいちゃんに?)なんだけどね。
会うのは数年ぶり。昔より歳はとっていたけど、元気そうだったので安心しました。自分やマリのことを覚えてて、会いたいとずっと言ってくれてたそうで、それはうれしいことです。
そんなわけで、彼のドラムクラスも久しぶりに受講したのです。教えかたとか、昔のままでした。90分くらいの間に5つくらいリズムをやっちゃうペースの速さも、相変わらずでしたが(^^;。
前にも書いたことなんですが、彼はとても優れた演奏家なのだけど、リズムやテクニックを説明したり人に伝えるのは、決して得意じゃない人なのです。なので、演奏やリズムの混みいったところなどは、「もう勝手に盗ませていただきます!」ぐらいの気合で、自主的に読み取っていくのがよい…と、私は勝手に思っております。
幸い、主催のWalkTalkカンパニーのご好意で、彼の隣に座らせてもらったので、手の動きなど間近に観察することができ、おかげで、数年前にはわからなかったことが今回やっと読み取れたり、「アブドゥライの叩きかたって、こうじゃないかしらん?」と、ず~っと考えてた細かい点がついに確認できたりで、個人的にはとても勉強になりました。あと、文化や伝承の説明を熱心かつ丁寧にしてくれるので、それはとてもありがたかったですね。
WalkTalk主催の柳田さんや、ドラマーのまさし氏とも、久しぶりにお会いできて、有意義な一夜でした。
[PR]
by afgroove | 2007-05-28 01:15

生命の息吹?

最近、風が強かったり夜寒かったりしつつも、確実に夏に近づいている気配。うちの玄関先の野イチゴやドクダミやその他雑草や木たちも、伸びてくる勢いがすごくて。毎日、様子が違います。生命力旺盛、さすがに五月じゃのう、善きかな善きかな…と思ってたら…
油断してました。生命力旺盛なのは植物くんだけじゃなかったんですねえ。
最近、使ってなくて棚代わりになってる、でかドゥンドゥン。打面の上に乗っかってる荷物を、さっき何気なく取ってみたら…。
いっぱい、いらっしゃいました、皮の上に(-_-メ)。
昨年、度重なる協議の末、強制収用&大清掃を適用し、全て立ち去っていただいてたはずの住人たち…どこに潜んでいたのかしら?
…と思いながら、窓を見たら、あれれ、また違う住人が。う~ん、あれは太鼓じゃなくて、木琴の中に住んでるかたたちですねえ…って、てめえら、一気に出てくんなよ!!
このぶんだと、ヤギ皮ストックも、早めにチェックしないと、危ないな~。
というわけで、初夏の生命の息吹と共に、毎年恒例の闘いが、また始まろうとしております。善きかな善きかな…なわけ、ねえだろう(笑)!
[PR]
by afgroove | 2007-05-22 15:47

酸欠ライヴ再び(笑)

20日のイベントを見に来てくれた皆さん、ありがとうございました!昼間のアフリカンフェスタから、そのまま流れて来てくれた人も結構いて、うれしいことでした。
今から思うと、地下3階ということもあってか、後半だいぶ酸欠ヘロヘロになりつつの演奏でしたが、お客さんが盛り上がってくれてたので、良かった良かった。
他の出演者のステージが、またそれぞれ面白くて、私もずいぶん勉強になりました。
それにしても、ああいう、飾りっ気無し、全力疾走、ストレート直球勝負!みたいな演奏も、たまにはいいもんで…毎回あんなんばっかだと、体力的にちと辛いけど(^^;。
[PR]
by afgroove | 2007-05-21 23:15

ジェンベ初級クラス

このたび、ジェンベ初級クラスを閉じることになりました。クラスは需要あって成り立つものなので、今の状況では仕方ないです…いや、需要が絶無というわけじゃないけど、スタジオ代を考えると、もうやっていけないのね(音楽スタジオなので、スタジオ代が高い)。続けて来てくれてた、ごく少数のかたには申し訳ないが…。
集中ワークショップのときにやったドラム初級は、内容はほぼ単発体験WSだったんですが、結構好評だったようだし、なんというか手応えを感じたりもしたので、初級クラスもこのまま終らせるわけではなく、場所やコンセプトを変えて、また違う形で復活させようとは思っています。
[PR]
by afgroove | 2007-05-20 15:32

トーキングドラム

最近、いわゆるトーキングドラムというやつが気に入ってて、機会があれば、なるべく演奏するようにしてます。障害を持った子ども達の前で演奏するときなどは、結構メインの楽器になりつつある。
もともと好きな太鼓ではあったんですが、昔は、好きというよりは憧れの楽器で、やりたいのは山々だけど、バチは曲がってるし脇はしめたり開いたりしなきゃいけないし、どうやってリズムを作るのかもわからないし、自分には無理だ…と思って触らずにいました。
それにトーキングドラムは、日本人にとって典型というか、定番で思い浮かべるアフリカンドラム。いかにもって感じではあるので、それも距離を置いてた理由です。
しかし、ダラマン氏に、マリのトーキングドラムであるンタマを教えてもらい、なんとか叩きかたのとっかかりを掴むことができました。
今まで謎だった奏法の入口がわかってくると、指先や腕の重みひとつで音が変わっちゃう繊細さ、ジェンベよりも、より体の動きに直結してる感じが気に入って、どんどん使用頻度が増えてます。
ちなみに、今、演奏で使ってるのは、ンタマではなく、ネットショップで衝動買いした(笑)トーゴのトーキングドラム。
ただ、自分としては一応、練習もしつつ叩いてるんですが、あれは客観的に、どう聴こえてるんでしょうね~?
[PR]
by afgroove | 2007-05-14 17:25

雑用

てなわけで、前回書いたように、相変わらず雑用に追われてます。まさに「雑多な用事」なので、こまごまいろんな作業をしなきゃならんわりに、事態が進まない。実にイライラする。といっても、まあ、やる気もさほど無いんですが(^^;。
しかし、練習したり、考えを練る時間が、その雑用に取られていくのは腹がたちます。雑用やんなきゃいけないときに限って、いいアイデアらしきものが浮かんだりするんだ、これがまた…こういうのを現実逃避って言うのかもしれないが(笑)。
しかし、心の中で考えるだけで形が無かったり、すぐには結果の出ないことに、正々堂々と時間を費やすのは難しいよね。他人には何やってるか理解不能だろうし説明も難しい…強いて言えば、間近に来てるインスピレーションを呼び寄せてるってことなんだろうけど、きっと、あいつは怠け者だと思われる…って言うか、既に思われてるかもね。
でもそういう一見無駄な時間を費やさないと、新しいモノは作れない気がするんだな。
しかし、雑用に追われてるときは、時間に追われてるときでもあるわけで、せっかくインスピレーションが来ても、捕まえる前にすぐにいなくなってしまうのでした。やや悲し。…ぬおおお、音に集中したいっす!
[PR]
by afgroove | 2007-05-11 17:40

燃え尽き?

集中ワークショップ、PFPのライヴと、怒涛のゴールデンウィークも無事、盛況のうちに終わったわけですが、さすがにまだ疲れが残ってるような、体の重い日が続いております。密度高かったからね~。
来てくださった皆さん、ありがとうございました。WSも飲み会も、休憩中の雑談も、楽しかったです。ライヴもよかった。掌はさすがに痛かったけどね。
オレたち、いい人たち、いい仲間に囲まれてるな~ということを実感した数日間でした。
というわけで、素敵な時間が過ぎ去って、今はちょっと燃え尽き症候群っぽいのね(笑)。
おまけに、やんなきゃいけない雑用(アタマも使う)がこまごまとあって、ぶつぶつ言ってます。
まあ、祭りの後なんて、だいたいこんなもんだよな。
[PR]
by afgroove | 2007-05-11 09:40



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧