アフグル番外編 ジェンベ日記  

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

知的刺激

先日の話になるけど、古い知り合いのT.S氏と会って四方山話に花が咲きました。
彼は、ジェンベやってる人の中では、数少ない学究肌の一人です。アメリカやヨーロッパには、民族音楽学とか文化人類学とか専攻して、フィールドワークでアフリカに長期滞在して、研究もするけど本人もジェンベ叩くぞ、みたいな人がいるけど、日本ではそういうタイプの人にはあまり出会わない。そういう意味では彼は貴重な人材です。
彼がジェンベを始めたのは、私たちとほぼ同時期だったと思いますが、いろいろあって、10年以上もご無沙汰してました。
しかし当時から、ジェンベの演奏よりも、アフリカで採取された様々な音(太鼓の音、話声、自然の音)であるとか、楽器の構造や歴史に興味の方向が向いてて、ユニークだな、と思ってましたが。
しばらくぶりに会ったのが確か2年前で、マリのとある村での長期滞在を終えて帰ってきた頃。
そのとき、彼が日本でやりたいと言ってたプロジェクトで、私も一枚噛ませてもらうことになり、先日はその打合せでした。
いや、打合せだった…はずが、途中から話があちこちにとんで、彼が長期滞在したマリの村の話やら、先ほど来日してた某ジェンベフォラの話やら、ドラマーの秘薬の話やら、すごい変な形をした謎のアフリカンドラムの写真の話やら、で盛り上がってました。
とりわけ、その中でも、ナイジェリア、ヨルバ族の象徴とも言えるトーキングドラムが、もともとヨルバのものではなく、20世紀になってから近隣部族から伝えられたものだった…という資料には絶句というか、大ショック。
他にも、興味深い話が盛りだくさんで、なんとも刺激的なスタバのひとときでした。
当たり前だけど、知らないことなんて、いっぱいあるんだなあ、と思います。ジェンベについてわかってたつもりのことでも、実は諸説あったりして。
それにしても、彼の持ってる知識、情報には驚かされるのですが、聞けばほとんどの情報は、インターネットを通じて入手したそうで、それもびっくり。もしかしてオレって、インターネットの活用の仕方、全然わかってないかも(ToT)。
[PR]
by afgroove | 2007-06-28 16:11

越谷にてワークショップ

24日(日)はワークショップをやりに越谷まで行って来ました。音楽教室の先生や、子どもに音楽を教えてる指導者のかたたちを対象にした、単発の体験ワークショップです。10:00から16:00までという長丁場。それはまあいいとして、引き受けたときは気づかなかったんですが、越谷って、家からだとかなり遠かったんですね。考えてみると、10時スタートということは会場に9時入り…ということは外環インターに8時…ということは…と遡っていって、結局、朝5時半起きになりにけり(ToT)。
いや~、もともと朝にも弱いし、地理にも弱いもので…浦和の隣くらいかな?くらいに思ってたのが良くなかった。Google Mapとか早めに見とくべきだったです。
実は今回、この仕事で一番心配だったのが、朝5時に起きれるかどうか、だったんですね。前の日はダンスクラスだから帰りは1時くらいだし…まあ当日は、ちゃんと起きれたし間に合ったし、はあ~、ホントよかったっす。
多数のレンタルジェンベの手配は、ジェンベファクトリーさんにお願いしたのですが、お二人とも早起きして一緒に来てくれて、長時間のドゥンドゥンのサポートもやっていただきました。感謝です。
肝心のワークショップは…というと、皆さん、さすがに普段音楽の指導をされてるだけあって、理解も速いし、楽しんでもらえたと思います。長時間だしジェンベは初体験だしで、手が痛かったりアタマ酷使したりと、そのへんはハードだったと思いますが、皆さんがんばってました。
主催のコミュニティセンターのかたや、企画会社のスタッフの皆さんも、何気に進行を助けてくれました。
WS後は、越谷近辺のサイゼリヤで一休みしたんだけど、今から思うと、さすがに疲れてたみたいで、やや異常な言動を(笑)とってました。なんせ、野郎三人で、イカスミパスタとプリンパフェやケーキを同時に食べてた。かつ、それをコーラで流しこんで、うまいうまいと言ってたくらいですから。長時間ワークの後だから、塩分も足りないし、糖分も欲しい…っていうか、もう、メタボまっしぐら(笑)。でも、疲れてるときって、そういうやたらデタラメな食べかたがしたくなるんだよな~。
[PR]
by afgroove | 2007-06-27 20:20

最近、ライブでジェンベ以外の楽器を演奏することが多くて、それはそれで楽しいし面白いし、でももちろんステージで聴かせるからには練習も必要、経験の浅い楽器ならなおさら必要…というわけで、それらの楽器達とつきあってて、ジェンベを触る時間がちょっと減ってます。
先日の自治会ライブもそうなんだけど、ジェンベ・ファンじゃないお客さんにとっては、いろんな楽器があったほうが面白いってこともあるし、自分も出せる音がいろいろあったほうが面白い。
ただ、考えてみると、結局、ジェンベをちゃんと演奏できる、ということが柱にあってこその木琴であり、トーキングドラムだったりするわけで。自分は何者か?って考えると、やっぱしジェンベ奏者ってことになるんですね。
だからやはりそこは、ジェンベ奏者と名乗って恥ずかしくように、ジェンベの練習もやらないといけない…当たり前か(笑)。
でも、自分はジェンベ叩いたり教えたりしてお金をいただいてるけど、それだけの演奏をしているか、プロのジェンベ奏者といえるか?って、いつも考えるんですよね~。
まあ、アフリカンドラムにプロとかアマチャーとか、それを言うこと自体がちょっと違う気もするけど、それは脇においといて。
あの人のジェンベならこれだけお金払っても聴きたいよね、とか、習いたいよね、とか、そんなふうでありたいです。
[PR]
by afgroove | 2007-06-18 16:40

自治会ライブ

うちの町内の自治会の行楽行事で、ライブやりました。普段顔を合わせてるお隣さんやお向かいさんが、客として観てる前での演奏は、なんだか複雑な心境でしたが(^^;。地区の子ども会も関わっていたので、子ども達もたくさんいて、はじめはどうなることかと思いましたが、結果的にはとても盛り上がって楽しんでくれました。なんせ、私は今回、自治会の班長兼会計として、企画側の立場でもあったので、イベントが成功してもらわないと困る複雑な立場(笑)。上手くいってほっとしました。
今回、仮面ダンスは大ハプニングで、いい意味ですごいことになっちゃったんだけど、それはまた、武田マリがご報告すると思います…いや、あまりおおっぴらには書けないかな?(笑)。
全然町内じゃないのに、遠方から観に来てくれたクラス関係のかたもいて、うれしかったです。ありがとうございました!
[PR]
by afgroove | 2007-06-17 14:47

報告その2

あああ、ライブ終わって、もう一週間経ってしまった・・・月日の経つのは早いもの。その一週間前の3日のbembrazilは、アフロブラジル音楽イベント。そのブラジル音楽の真っ只中に、ウェストアフリカンパーカッションでゲスト出演させてもらいました。岩原大輔氏との二人ユニットです。ステージ自体は、一曲目スモークが濃すぎて客席が見えないとか(笑)、トーキングドラムのストラップが本番いきなりほどけちゃったりとか、小さなハプニングはちょこちょこありましたが、ノリのお客さんに支えられ無事終了。いや、ブラジル音楽のお客さんって、本当にノリがいいのね。なんだか、待ち構えてるぞ!って雰囲気で、ポジティブシンキングと言うんでしょうか、あれはありがたかったです。
それにしても、サンバにしてもサンバヘギにしても、やはりプラスチックヘッドの太鼓の音量はでかい!音量だけで比べれば、ヤギ皮やひょうたんは勝負にならないです。そのでか音量の太鼓をさらにマイクで拾っている(笑)!さらにそれが集団!!さらに室内!!!ということで、鼓膜的にはなかなかハードな一夜でした。ステージの合間に流れるDJの音量も、なぜかこれまたでかいんだ。同じアフリカ源流でも、ところかわればなんとやら。それがまた、面白いです。
[PR]
by afgroove | 2007-06-10 12:29

連日ライブ終了!報告その1

2日のカラバッシュ、3日のBemBrazilとも、無事終了しました。またまた観に来てくださった皆さん、ありがとうございました。中には、二日とも来てくれた人達もいて、うれしかったです。
二日間それぞれ、全然異なる雰囲気のイベントで、それがまた面白かったです。細かいことや、おおっぴらに書けないことなどもありましたが、とりあえず無事に終わって、ほっとしてます。
まず2日のライブについて言うとですね~…内輪をほめるのも何ですが、仮面ダンスがひじょーに良かったと思います。今までで1、2を争う出来じゃないでしょうかね。
一方で、自分の演奏を振り返ってみると、不満の残るとこがいろいろありましたが、まあ仕方なかったかなあ…。
あと、実は料理のトラブルがあったのですが、これは残念でした。カラバッシュ側の対応も、輪をかけて残念でした。こんなこと言うと良くないかもしれないけど、日本人のやってる店だったらあり得ない対応だった。結果として、一部のお客さんに不愉快な思いをさせてしまったのは、申し訳なかったです。
料理が美味しいということで、お客さんの楽しみも増えるだろうと思って、そのへん宣伝もしてたのです。でも考えてみると、お客さんからすれば、チャージとワンドリンク払って、さらに決して安くはない料理を注文するわけで(食べないという手もあるが)、経済的負担も大きくなるんだよな~。
おまけに、そこんとこのサービスが良くないとなると、これはもう、私達の大切なお客さんを安心して誘うことができなくなってしまうのね。
まあ、ライブ自体はなかなか好評だったのが、救いでしたが。
最後の曲では、ダンスクラスの皆さんのダンス飛び入り、ダラマン氏やセクバ氏、Qちゃんの太鼓飛び入りもあって、盛り上がりました。ありがとう!
[PR]
by afgroove | 2007-06-06 23:23

ライヴ前夜

うぎょえ~、やっと明日配るアフグルクラスのチラシ原稿作り終わって、これから木琴の鍵盤(18鍵だっけ)ばらして組み直しと、下のひょうたんの調整じゃ~(ToT)…止めちゃって寝ようかしら(笑)。
[PR]
by afgroove | 2007-06-02 01:56



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31