アフグル番外編 ジェンベ日記  

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

テーピング

ここ1年近く(になるのかな?考えてみると)、ダンスクラスでもドラムクラスでも、ジェンベ叩くとき、指にテーピングしまくってます。左右の人差し指、中指、薬指の3本ずつ、計6本の指先。目立つよね~。知らない人が見たら、めちゃめちゃ叩きまくるうるさい人に思うかもしれない。あるいは、叩きすぎで大けがしちゃってるとか。

別に決してそういうわけではないのですが‥‥理由があります。
この2年くらい、学校に通って、整体、カイロプラクティック、リフレクソロジーなどの勉強をしているのですが、人の体を触って、その状態を手で感じとらなくてはいけないわけです。
特に、カイロプラクティック(バキバキやるものとなんとなく思っていたが、本格派カイロは全然そうではないことを思い知らされた)では、触診という技術をとても重視している。触って脊椎や骨盤のずれ(変位という)がちゃんと判断できないと、先に進めないのですよ。
当然、手の感覚が鋭敏でないといけないわけで、自分の師事している先生の一人は、指の感覚を鈍らせないために「腕立て伏せも素手ではしない」とおっしゃってました。

しかしですよ、そんなこと言われたら、腕立てどころか、毎週毎週、素手でがんがん、痛みが麻痺するくらい叩きまくっているワタクシの指先は、いったい‥‥??
そういえば、ときどき、ジェンベ叩きすぎて、指先に血が通わなくなる病気(レイノー症)になった話を聞きます。末梢の血管が全部やられちゃったんだろうね。張りの強いカンカンのジェンベをがんがん叩く人がなることが多い。
そこまでいかないにしても、自分もこの20年近く相当に叩いてきたから、血管や末梢神経もだいぶやられちゃってるのかもしれないと思っちゃいます。まあ、しょうがないんだけど。

血管や神経はともかく、確実に言えるのは、ジェンベ叩くと指先の皮が厚くなってくるんですが、そうなると触診はやりにくいです。要するに、布とかタオルを一枚はさんで触ってるのと同じことだもんね。
そんなわけで、今さらですが、指先の血管や神経のため、指の皮を厚くしないために、主だった指にテーピングをするようになったわけです。

衝撃がなくなるわけではないんだけど、やっぱりテーピングするのとしないのでは、指への負担がだいぶ違います。楽になりました。
ただ、毎回、いちいち巻いたりはずしたりのに時間がかかるのと、はずした直後はノリで手がべたべたして気持ち悪いのが難点です。
結構、量を使うから、テープ代もバカにならないしね(笑)。
[PR]
by afgroove | 2010-08-31 11:51

唐突ですが‥‥

このたび、健康管理士一般指導員という資格をとりました。生活習慣病(がん、糖尿病、心疾患、脳血管障害など)を予防するため、生活上のアドバイスを行うというもの。うつ病、心身症、高齢化による諸問題なども入ります。もちろん医者ではないので、診断・治療はできません。地域や生活に即した立場で、健康に長く生きていくためのアドバイスを行っていく資格です。
まあ、実際の勉強はまだまだこれからなんですが、資格試験通ったことで一歩進めた気がします。
[PR]
by afgroove | 2010-08-24 13:58 | その他

パッティパ練習法(ベースの修正)

Emiccさんの質問、回答書いてたら長くなってきたのと、これは他の人にも役立つ情報かな?ということで、改めて本文にアップすることにしました。

「音の強弱は意識すればある程度直せるんですが、タイミングは、揺れてるのが自分でわかっても、直そうとすると今度は逆側に揺れてしまって、どんどんできなくなっていく。
ちゃんとしたタイミングがわかってないというより、わかっているのに思っている通りに叩けないという、問題です。どんな練習をしていけば直せますか?」

ということで、ご質問ありがとうございます!

思ったとおりに叩けないというのは、その原因を探っていくと、体の問題(背中、肩、腕などの無駄な力み、緊張など)とか、感覚の問題(感覚のずれ)とか、いろいろあって、これはその人その人によって違うと思うんですよ。
また、タイミングのずれという話も、数分の一秒という話から、数十分の一秒、数百分の一秒あたりまで、いろいろあって、悩みのレベルはそれぞれ違う。

‥‥とかなんとか、細かく言ってるとキリがないので、ここではいろんなレベルや原因に使える練習法を書いてみたいと思います。


●パッティパ練習法(ベースの修正)

①S・TS・BS・TS・Bを自然に叩いてみる。

②今度はベース(B)をスラップ(S)に変えて同じように叩く。つまりS・TS・SS・TS・Sと叩く。

③BのときとSのときで、タイミングの取り方に違和感があったり、リズム(音の違いを考えない、X・XX・XX・Xというパターン)が違って聞こえるかどうかチェックする。
自分で演奏しながら確認するのはもちろんですが、ちゃんとしたいなら、必ず録音しておいて、それを聴いてチェックすること。他人にきびしく聴いてもらうのもよい。

まあ、同じX・XX・XX・Xでも、S・TS・BS・TS・BとS・TS・SS・TS・Sでは印象はだいぶ違うんだけど、印象じゃなくて、あくまで叩くタイミングね。これが違って聴こえる場合は、ベースのタイミングとスラップのタイミングが違ってるということなので。
なかには、ベースがずれてるために、その次に叩くS・TSもずれちゃって、それをまたなんとかしようとして、全体として流れがガタガタしてる場合もあるでしょう。これを修正する。次いきます。

④スラップバージョンと同じ感覚、同じタイミングでベースバージョンが叩けるように練習する。

ただここで、ただ揺れてるのを反対側に直す、たとえば、タイミングが遅れているからもっと早めに叩いてみる、というやり方では、確かにぶれちゃって上手くいかないかもしれません。
叩くタイミングを前後に調整するというよりも、理想のタイミングを意識して、そのピンポイントの瞬間に打面を打つ!打つべし!と意識し続けたほうがいいかな~?ピンポイントですよ!
そうすると、だんだんそこに近づいていきます。反対側に修正する、という意識の仕方もあるけど、このほうが安全です。

⑤スラップバージョンとベースバージョンを頻繁に切り替えながら、同じタイミングでリラックスして叩けるように練習する

これをやると、手に余裕ができるというか、より自由な感覚で叩けるようになります。はじめはぎこちなかった切り替えが、だんだんスムーズにできるようになる。

①から⑤は、メトロノームにあわせて叩くのもひじょうにいいです‥‥ただし、メトロノームはジェンベにくらべて音量がとても小さいので、これはこれで工夫が必要になるけどね。これは、メトロノーム練習法として、また別に書きますので‥‥。

これで直るきざしがなかったら、あとは個別指導ですね(笑)。
長くなってすいませんでした。よろしくです。
[PR]
by afgroove | 2010-08-23 13:40 | ドラミング

パッティパの極意?

昨日のジェンベクラスでもやったんですが、ジェンベリズムに必ず出てくる伴奏で、パッティパってのがあります。スラップ(S)、トン(T)、スラップ(S)の順で、S・TS・・S・TS・・みたいに叩く。ベースの音(B)が入って、S・TS・BS・TS・Bみたいに叩くこともある。手順も二通りあって、それぞれ意味がある‥‥それはいいんだけど、ここで言いたいのは、この中でどの音を響かせたいかってことなんだよね。
まあ、スラップの音が一番出しやすいというか、音量的にでかいし聴こえやすい。トンの音はスラップに比べると響かせるの難しいから、叩いてもらうとどうしてもS・tS・・S・tS・・みたいになるんだけど。実は一番響かせたいのはトンの音です。

も~、しっかり叩いてほしいのよ、トンの音!s・Ts・・s・Ts・・って感じで。でも、それぐらいの意識で叩いて、やっとスラップとトンが同じくらいのバランスで聴こえる。それくらいに思っといてちょうどいいです。
でも、トンの音って、もともと多少デッドな(響きの少ない)音質だし、強く叩こうとして手に力が入ると、ますます押さえつけるような、ぐちゅっ!とした感じになって、かえって聴こえなくなる。そこがやっかいというか、難しいよね~。
自分のクラスでは、オープンに響かせるトンのテクニックもやるけど、ちょっと練習がいります。

じゃあ、ベースはどうなんだ?って言うと、もちろんしっかり聴こえてほしいんだけど‥‥ベースについてはまず、ほとんどの人がちょっと軽く見てるきらいがありますね。まあ、そのまま叩けば(とりあえず)音が出るから無理もないけど。
自分が思うには、パッティパのベースで問題になるのは、音量の前にまずタイミング。たいがいの場合、ベース音を叩くスピード自体が遅いので(叩くというよりは、打面に触りにいく、というぐらいな人も結構いる)、音自体も輪郭がぼけてるし、どうしてもタイミングが重め遅めになってしまう。
ベース抜きでパッティパをやると調子いいけど、ベース入れるとなんか違和感があったり、リズムが遅れたりして調子悪い、という人は、そのへんに原因があるんじゃないかな?
これも地味練で申し訳ないけど、ベースをもっと(スラップやトンと同じくらい)音だし練習して、叩き方を進化させることですね。ベースが出るようになると、面白いですよ。ダンスクラスで自分の演奏聴いてくれてる人はわかると思うけど、アンサンブルの中でも、意外にしっかり聴こえるでしょ?

パッティパ、地味だけど大事ですよ。ダンスクラスやステージでも、音のバランスやタイミングのいいパッティパがくると、リズム全体が締まって、ノリもぐっと良くなる。逆の場合は、推して知るべし。
ジェンベプレイヤーの皆さん、がんばりましょう!
[PR]
by afgroove | 2010-08-21 13:06

言い訳しつつ‥

先日、ダンスクラス終わった後で「あのブログどうなってるんですか?」と声をかけていただき、恐縮しております。いや、未だに見ていただいてるなんて嬉しいことなんですが、ジェンベドラミングメソッドなんてすごい大口叩いちゃったもんで、後が続かなくって、そのままになってました。見てくれてる皆さんには申し訳ないです。
まあネタが無いかというとそういうわけでもない。ドラムクラスでもダンスクラスでも、参加者やサポートドラマーの演奏を見て、毎回毎回、問題点を指摘したり、なんやかやアドバイスを考えたりしてるわけですが、その中には確かに、ジェンベやってる他の人にとっても、興味深いものがあると思うんです。
ちょっとずつですね、まあ、ぼちぼち書いていければいいのですが。
[PR]
by afgroove | 2010-08-16 01:31 | その他



ジェンベ、アフリカンダンスその他音楽、リズム、身体にまつわる四方山話と日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31